シナモンの種類とそれぞれの特徴

甘く濃厚な香りが特徴のシナモン。

りんごとの相性が良く、アップルパイやりんごジャムなどスイーツに良く使われるだけでなく、肉料理やカレー、ハーブティーなど非常に幅広く使われるスパイスです。

 

そんなシナモンは、種・産地で香りなどの特徴が異なり、いくつかの種類に分類されています。

そのうち代表的な2種類のシナモンをご紹介したいと思います。

セイロンシナモン

 

セイロンシナモン

 

主にスリランカで採られています。
厳密に「シナモン」と言うと、スリランカで採られるセイロンシナモンを指します。
 
樹皮のコルク層と呼ばれる層を除き、薄くなった樹皮を何枚も重ねて丸めたもので、柔らかくて手で崩すこともできます。
 
甘く、少し柑橘にも似た酸い香りを持っています。
爽やかで上品、繊細な香りが特徴のシナモンです。

カシア

 
cinnamon(cassia)
 

カシアは「シナモン」との名前で売られていることもあります。
主にベトナムや中国で採られていますので、原産地で判別することはできます。

 

セイロンシナモンがコルク層を除いて丸められているのに対して、カシアはコルク層を残したまま丸められています。
そのため、セイロンシナモンより厚く、手で崩せないくらい固いです。

 

濃厚な甘い香りと少し刺激のあるスパイシーな香りが特徴です。

どっちがいいの?

基本的には香りの特徴は似ていますので、普段使う分には手に入りやすい方で良いと思います。

 

香りの特徴で使い分けるなら、
 
・上品な香りのセイロンはお菓子に。
・スパイシーな香りのカシアは料理に。
 
です。

 

好みで選んでしまっても良いと思います。
 
・より濃厚な香りがよければカシア(中国やベトナム産)。
・より上品な香りがよければセイロン(スリランカ産)。
 

両方を手元に置いて比べてみると、香りが違うことをはっきりと感じることができます。
シナモンがお好きな方は、ぜひ一度セイロンとカシアの香りを比べて、使い分けてみてください。

この記事をシェアする