コショウの種類とそれぞれの特徴

コショウは「スパイスの王様」と呼ばれ、世界中の様々な料理に使われ、日本でもとてもメジャーなスパイスの1つです。
塩こしょうと言う1つの調味料として使われることが多い日本に対して、海外では食材や料理、調理方法などによって種類や形状の異なるコショウが使い分けられています。

 

そんなコショウは処理方法などによって、4種類のコショウに大別されています。

ブラックペッパー

ブラックペッパー

 

熟す前の緑色のコショウの実を、皮付きのまま乾燥させたのがブラックペッパーです。

 

ワイルドな香りと辛みが特徴で、ステーキなどの肉料理のように、風味の強い食材・料理に使います。
ポテトサラダやスパゲッティカルボナーラなど、色や風味の落ち着いた食材・料理に使うことで、良いアクセントにもなります。

ホワイトペッパー

ホワイトペッパー

 

ホワイトペッパーは熟したコショウの果実を水に漬け、柔らかくなった皮を取り除いて乾燥させたものです。

 

ブラックペッパーよりマイルドで上品な香りが特徴です。
その香りと色を活かして、白身魚など味の優しい食材、クリームシチューなど色の淡い料理に使います。
ブラックペッパーよりもマイルドなので、ブラックペッパーほど強く香りを付けたくないときにも使います。

グリーンペッパー

グリーンペッパー

 

グリーンペッパーには熟す前の果実をフリーズドライで乾燥させたもの、熟す前のコショウの果実を塩漬けにしたものがあります。

 

ブラックペッパーやホワイトペッパーよりマイルドで爽やかな香りと辛みが特徴です。
爽やかな香りと辛み、緑色を活かして、料理のトッピングに使われます。

ピンクペッパー

ピンクペッパー

 

ピンクペッパーは「ペッパー」と付いていますが、流通している多くはコショウ科とは別の科に属する植物の果実が使われています。

 

1番多く流通しているのはウルシ科のコショウボクという植物の果実です。
コショウボクの果実はほんのり甘く、コショウに似た風味を持っていますが、辛みはほとんどありません。
鮮やかな赤い色を活かして、料理のトッピングに使われる他、デザートに添えられることもあります。

まとめ

コショウは非常に馴染みのあるスパイスですが、意外と奥が深いスパイスです。

 

グリーンペッパーやピンクペッパーは家庭で登場することは少ないですが、ブラックペッパーとホワイトペッパーは食材・料理によって使い分けらるので、それぞれ常備しておくと便利です。

 

塩こしょうしかない、ブラックペッパーしかない、という方は、まずはホワイトペッパーを揃えて、ブラックペッパーとの使い分けを楽しんでみてください。

この記事をシェアする