春巻きの皮で作るサモサ

インド料理でおなじみのサモサを春巻きの皮で作ります。
皮はさくっと、中はほくほくで、大人から子どもまで、みんなぱくぱく食べられます。

サモサ

材料(春巻きの皮10枚分(サモサ30個分))

  • ひき肉200g
  • 大さじ1
  • タマネギ150g
  • じゃがいも250g
  • 春巻きの皮10枚
  • カレー粉小さじ1/2
  • クミン小さじ1/2
  • ひとつまみ
  • ケチャップ適量(もしくはピザソース)

作り方

  • フライパンに油を引き、みじん切りにしたタマネギを炒め、きつね色に色付いてきたら、ひき肉を加えます。

  • ひき肉に火が通ったら、カレー粉、クミン、塩を加え、全体がなじむまで炒めます。

  • じゃがいもの皮を剥いて適当な大きさにを刻み、ラップで包んでレンジで加熱します。
    (加熱時間はじゃがいもの大きさで異なりますが、つまようじを刺してシャリッとしなければOKです。)

  • じゃがいもが温かいうちにつぶし、粗熱を取ります。

  • つぶしたじゃがいもに炒めたひき肉を加え、よく混ぜます。

  • 縦に3等分した春巻きの皮を中心で90℃に折り曲げ、片方の端をぐるぐると巻いていきます。

    サモサ

  • できたポケットに具を詰め、反対側もぐるぐると巻いていきます。
    (皮の端は水で濡らして止めてください。)

  • 160℃の油で表面に揚げ色が付くまで揚げれば完成です。
    ケチャップやピザソースを付けて頂きます。

ポイント

  • 春巻きの皮を切らずに、1枚のまま春巻きのように包んでも構いません。
    具を予め炒めているので、表面に揚げ色が付けばOKです。

  • じゃがいもは小さく切った方が早く火が通ります。
    茹でたり蒸したりしても構いませんが、レンジで加熱するのが早いと思います。

  • 具を包んだ状態で冷凍保存もできます。冷凍したものは解凍せずにそのまま揚げてください。

この記事をシェアする