シナモン

シナモン シナモン
  • 別名桂皮、にっき、肉桂
  • 科名クスノキ科
  • 利用部位樹皮
  • 原産地ベトナムなど
  • はたらき香り付け
  • 主な用途肉、お菓子、乳製品
  • 主な成分シンナミックアルデヒド

シナモンって、どんなスパイス?

シナモンの利用部位

シナモンはクスノキ科の植物の樹皮を利用するスパイスです。

樹の皮を利用する珍しいスパイスです。

シナモンの原産地

原産地はベトナム近辺と言われています。

栽培される地域によって種類が異なると言われ、インドやスリランカなどで採れるものは「セイロンシナモン」、中国やベトナム、インドネシアなどで採れるものは「カシア」と呼ばれます。

別の種類と区別されるだけあって、風味や形状などの特徴も異なります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

シナモンって、どんな種類があるの?/シナモンの種類とそれぞれの特徴

シナモンの主な成分

シナモンの主な成分はシンナミックアルデヒドという成分で、シナモンの精油成分のほとんどを占めています。

甘く濃厚なを活かして、デザートや飲み物の香り付けによく使われる他、肉料理やカレー、中華料理などにも広く使われます。

シナモンを使った料理

シナモン

ジンジャーシロップの作り方/レシピ

シナモン

りんごのコンポートの作り方/レシピ

シナモン

スイートポテトの作り方/レシピ

タイトルとURLをコピーしました