フェンネル

フェンネル フェンネル
  • 別名茴香(ういきょう)
  • 科名セリ科
  • 利用部位葉、茎、種子(果実)
  • 原産地地中海沿岸
  • はたらき香り付け
  • 主な用途魚、スープ、お菓子
  • 主な成分アネトール

フェンネルって、どんなスパイス?

フェンネルの利用部位

フェンネルはセリ科の植物の果実を利用するスパイスです。

種のように見えますが、果実をそのまま乾燥させたもので、割ると中から種が現れます。

フェンネルの原産地

原産地は地中海沿岸と言われています。

比較的育てやすく、日本でも栽培することができます。

「フローレンスフェンネル」というものが売られていますが、これは別の品種のフェンネルで、株元を野菜のように食べられています。

フェンネルの主な成分

主成分はアネトールという成分で、甘くて少し清涼感のある香りがします。

アニスやスターアニスも同じアネトールという成分を持っており、スパイス自体も似た香りがします。

タイトルとURLをコピーしました