わさび

わさび わさび
  • 別名本わさび、沢わさび
  • 科名アブラナ科
  • 利用部位根茎、葉
  • 原産地東アジア
  • はたらき香り付け、辛み付け
  • 主な用途肉、魚、麺
  • 主な成分アリルイソチオシアネート

わさびって、どんなスパイス?

わさびの利用部位

わさびはアブラナ科の植物の根、葉(茎)を利用するスパイスです。

根を生のまますりおろして使うことが多いですが、葉や茎も漬物や葉物として調理して食べられます。

わさびの原産地

わさびの原産地は東アジアと言われています。

今では、中国やベトナム、台湾などで栽培され、日本でも栽培されています。

日本では、静岡の伊豆や長野の安曇野などが有名です。

わさびの主な成分

わさびの主成分はアリルイソチオシアネートという成分で、これが辛みの元となっています。

もとは辛くない物質ですが、すりおろしたときにわさびが持つ水分と酵素によって、アリルイソチオシアネートが生じて、辛さが出ます。

わさびを使った料理

わさび

鶏のわさび焼きの作り方/レシピ

わさび

わさびトーストの作り方/レシピ

わさび

茎わさびのしょうゆ漬けの作り方/レシピ

タイトルとURLをコピーしました