サフランって、なんであんなに高いの?/サフランが非常に高価な理由

コラム
コラム

サフランライスやブイヤベースなどの料理に使われるスパイス、サフラン。

花の雌しべを利用する珍しいスパイスです。

そんなサフランは鮮やかな黄色い色を付けるスパイスですが、料理に使うに当たってネックになることがあります。

それは、「非常に高いこと」です。今回はなぜサフランがあんなに高価なのか、その理由をお話ししたいと思います。

サフランの価格

サフランは専門店でなくても、身近なスーパーなどで購入することができます。

だいたい0.5gくらい入って、そのお値段は700円前後!

1gで1,000円を超えるスパイスです。(ということは、1kgで100万円・・・)

サフラン自体は1回に使用する量が少なく、1回の使用量が0.1〜0.2gくらいとしても、それでも1回当たり100円を超えると考えると、やっぱり高価なスパイスですね。

なぜサフランはこんなに高いのか?

なぜサフランがこんなに高いのか。それにはちゃんとした理由があります。

それは、「サフランは収穫するのが、とても大変だから!」です。

サフランは花の雌しべを利用するスパイスですが、1つの花に雌しべは3本しかできません。

サフランは3本の雌しべが根元で繋がった形をしています

その3本の雌しべを丁寧に摘み取って集め、乾燥させたものがスパイスのサフランとして利用されます。

1kgのサフランを採るためには、なんと約50万本もの雌しべが必要で、花にすると16〜17万もの花が必要になります。

それを1つずつ摘み取って収穫するわけですから、高価なのも頷けます。

サフランを購入する

非常に高価なサフランですが、鮮やかな黄色と芳醇な香りを付けることができる、とてもすばらしいスパイスです。

ちょっと高いですが、ここぞというときには、ぜひサフランを使って料理を作ってみてください。

サフランライスを作りたいけど、ちょっと高くて手が出ないな・・・という方は、お手軽・お気軽にサフランライスを作ることができる、サフランライスの素もありますので、ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました