ハーブを勉強したい方におすすめの本/ハーブコーディネーターおすすめの3冊

コラム
herb-book
コラム

ハーブを勉強するには、写真付きの本を読むことが一番だと思います。
しかし、書店に行くと、非常にたくさんの本があって、どれを選べば良いか難しいですよね。

そこで、今回はたくさんの本の中から実際に購入し、よかったと思う本を3冊ご紹介したいと思います。
本を購入される方の目的によって、必要な本が変わってくると思いますので、違うタイプのものを選びました。

購入したのが執筆時から5年以上前で、少し古い情報ですが、今でも現役で使用している本なので、参考になれば幸いです。

『はじめてのハーブ 手入れと育て方』

ハーブの育て方に関する基礎の基礎から学べる一冊です。
掲載されているハーブは173種類にものぼり、基本的な知識を網羅的に学ぶことができます。

価格もお手頃で、ハーブの栽培に関する本を初めて購入する方におすすめです。

『はじめてのハーブ手帖』

栽培・料理・ティー・アロマなど、いろいろな方面からピックアップされた、基本的なハーブが70種類掲載されています。
育て方や使い方は控えめで、特徴や歴史などの基礎知識がメインです。

A5サイズで厚さも1cm程度なので、持ち運びにもぴったりです。
価格も非常にお手頃なので、移動やちょっとした隙間時間に勉強したい方におすすめです。

『オーガニックハーブ図鑑』

日本でもよく見聞きするハーブから、名前も聞いたことがないようなハーブまで、100種類を超えるハーブが掲載されています。
書名に「図鑑」が付くだけあり、写真が美しく、見るだけでも楽しい、とても見応えのある一冊です。

個々のハーブの育て方から利用方法だけでなく、ハーブの栽培に関する基本、幅広い利用方法も記載があり、ハーブの栽培に関する幅広い知識が得られます。
少し価格は高めですが、すでに何冊か本を持っていて、それらに載っていないような情報が欲しい方におすすめです。

欲しい情報と作りの好みが大事

今回は3冊をご紹介させて頂きましたが、一番大事なのは好みの本を選ぶことだと思います。

欲しい情報や本の作りの好みは、人それぞれ異なると思いますので、ぜひ実際に書店で比較してみることをおすすめします。

それでも迷う際やオンラインで注文したい際には、参考にして頂けると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました