ブラックペッパー

ブラックペッパー
  • 別名   黒コショウ
  • 科名   コショウ科
  • 利用部位 果実
  • 原産地  インド
  • はたらき 香り付け、辛み付け
  • 主な用途 肉、魚
  • 主な成分 ピペリン、α-ピネン

ブラックペッパーとは

コショウは「スパイスの王様」と呼ばれ、世界中の様々な料理に使われています。日本でも、とてもメジャーなスパイスの1つで、塩こしょうという形の調味料として使われることが多いです。

コショウには、ブラックペッパーのほかに、ホワイトペッパーグリーンペッパーピンクペッパーという製造方法などが異なる種類があり、食材や料理、調理方法などによって種類や形状の異なるコショウが使い分けられています。

ブラックペッパーの製法と特徴

ブラックペッパーは、コショウの未熟な果実を皮ごと天日乾燥させたものです。コショウは皮に強い香りと辛みが含まれるため、皮ごと乾燥させるブラックペッパーはさまざまなコショウの中でも香りも辛みも強く含まれています。

強い香りと辛みが特徴で、風味の強い食材(肉や魚、チーズなど)と相性が良いです。また、色や風味の穏やかな食材や料理のアクセントとして使うこともあります。

タイトルとURLをコピーしました