【1g=1000円!】サフランが最も高価なスパイスである理由

サフラン 高い
スパイスとハーブのお役立ち情報

サフランは、サフランライスやブイヤベースなど、世界各地の料理に使われるスパイスです。

サフランは花の雌しべを利用する珍しいスパイスで、鮮やかな黄色い色付けと爽やかな独特の香り付けに使われます。

家庭でもサフランを使ってみたいと思い、いざスーパーで買おうとすると、非常に高くて驚く方も多いと思います。

そこで、この記事では、なぜサフランがあんなに高価なのか、その理由を分かりやすく解説したいと思います。

最後まで読んでいただくと、サフランに感謝しながら、納得してサフランを買えるようになるはずです。

サフランの価格

サフランはスパイス専門店でなくても、身近なスーパーで購入することができます。

その価格は、0.5g入りで700円前後!

1gで1,000円を超えるスパイスです。(ということは、1kgで100万円を超えますね)

サフラン自体は1回の使用量が少なく、作る料理にもよりますが、1回で0.1〜0.2gくらい。

それでも1回当たりサフランだけで100円を超えるので、やっぱり高価なスパイスですね。

なぜサフランはこんなに高いのか?

なぜサフランはこんなに高いのか、それにはちゃんとした理由があります。

それはサフランの栽培と収穫に答えがあります。

サフランは花の雌しべを利用するスパイスですが、1つの花に雌しべは3本しかできません。

3本のめしべが根元で繋がっているサフラン

その3本の雌しべを手作業で丁寧に摘み取って集め、乾燥させたものがスパイスとして利用されるサフランです。

サフランは収穫するのが、とても大変なのです。

サフラン 収穫
サフランの収穫イメージ(Aghele Saffron)

1kgのサフランを採るためには、なんと約50万本もの雌しべが必要で、花にすると16〜17万もの花が必要だそうです。

サフラン 花
一面に咲き誇るサフランの花

それを1つずつ摘み取って収穫するわけですから、非常に手間がかかっており、高価なのも頷けます。

サフランの代用として使えるスパイス

サフランは最も高いスパイスなので、他の安いスパイスで代用できないかなと思いますよね。

同じ黄色の色付けをするスパイスとしては、

があります。

ターメリックはカレーやターメリックライス、くちなしは栗きんとんなどに使うスパイスです。

サフランも含め、それぞれ香りが違うため完全な代用とはいきませんが、似た黄色い色付けができます。

サフランが手に入らない、高いので別のスパイスで代用したいという場合は、

  • サフランライスはターメリックライス
  • それ以外の料理にはくちなし

を使ってみてください。

いつものカレーをグレードアップ!ターメリックライスの作り方
ターメリックライスの作り方です。作る手間は白ごはんとほとんど同じですが、いつもと違う風味のごはんで、いつもと一味違うカレーを楽しむことができます。とても簡単に作ることができるので、ぜひお試しください。

サフランを購入する

サフランは多くのスーパーのスパイス売り場で販売されています。

通常品と有機栽培など高付加価値品がありますので、お近くのスーパーの店頭で探してみてください。

もちろん、インターネットで購入することもできます。

サフランライスを作りたいけど、ちょっと高くて手が出ないな・・・という方は、お手軽・お気軽にサフランライスを作ることができる、サフランライスの素もありますので、ぜひお試しください。

タイトルとURLをコピーしました